TOP > プロダクト > Sonicオリジナル・パーツ > オリジナル・サーキット

  • SONIC WEB SHOP

オリジナル・サーキット

TURBO BLENDER 3 ターボ・ブレンダー・3
TURBO BLENDER 4 ターボ・ブレンダー・4

  • ターボ・ブレンダー・3
  • ターボ・ブレンダー・3
  • ターボ・ブレンダー・4
  • ターボ・ブレンダー・4

“ターボ・ブレンダー”は、3シングル・コイルのストラトキャスターの外見はまったく変えないまま、しかもオリジナルのサウンドを損なわないまま、太くウォームなトーンも得られるギターに変身させるオリジナル・サーキットです。プリアンプではありませんので、電池は不要です。取り付けることにより、コントロールはマスター・ヴォリューム/マスター・トーン/ターボ・ブレンダーとなります(下図左)。セレクター・スイッチには耐久性の高いアメリカCRL社製を採用、またトーン回路にはオイル・コンデンサ(Sonic OC-473)を使用して心地よいトーンの効きを実現しています。さらにターボ・ブレンダー・4では、ボリュームとトーンに、フルテン時に回路をバイパスして音抜けを改善させるフルアップ・ポットを採用しています。

ターボ・ブレンダーのコントロールは10(フル)の時にノーマル(普通のストラトキャスターと同じ)です。この状態で従来通りのシングル・コイル・サウンドを出すことができます。PUセレクターSWがリア/リア+センター/センター(上図右上)の時にブレンダーを絞っていくと、ノーマル・サウンドにフロントPUの音がシリーズ(直列)でブレンドされます。この“シリーズ”がミソで、パラレルでミックスした場合(ハーフ・トーン)と違い、サウンドは確実に太くパワフルに変化します。
PUセレクターがフロントの時はブレンダーは働きませんが、フロント+センター(上図右下)の時にはブレンダーを絞っていくとセンターPUの音が徐々にキャンセルされるように働きます。
グルーヴ・チューブのアスペン・ピットマンも驚いたミラクル・コントロールをお楽しみ下さい。

取扱上の注意

  • ターボ・ブレンダーの取り付けはある程度のハンダ付けの技術があれば比較的簡単ですが、自信のない方はご相談下さい。
  • 取り付けるギターにより取付穴の寸法が異なりますので、USA系のストラトキャスターの場合はUSAバージョンTB-301、TB-401(3/8インチ・サイズ)、ジャパン系のストラトキャスターの場合は国産バージョンTB-302、TB-402(8㎜サイズ)をお求め下さい。
TURBO BLENDER 3 取付説明書
USA TB-301 ¥10,000+消費税 PDF
DOMESTIC TB-302 ¥9,000+消費税 PDF
TURBO BLENDER 4 取付説明書
USA TB-401 ¥12,000+消費税 PDF
DOMESTIC TB-402 ¥11,000+消費税 PDF

上へ戻る

TURBO J-BASS ターボ・J-ベース
TURBO J-BASS 2 ターボ・J-ベース・2

  • ターボ・J-ベース
  • ターボ・J-ベース
  • ターボ・J-ベース
  • ターボ・J-ベース

“ターボ・J・ベース”は、ノーマル・ジャズ・ベースの外見はまったく変えないまま、しかもオリジナルのサウンドを損なわないまま、ここ一番という時に図太いパワーを得られるベースに変身させるオリジナル・サーキットです。ジャズ・ベースに搭載されている2つのシングルコイル・ピックアップを1つのハムバッキング・ピックアップとして機能させるもので、プリアンプではありませんので電池は不要です。取り付けることにより、トーン・ノブはプッシュ・プル式のスイッチとなり、右図のように押してある時はノーマル状態、引いた時にターボ・オンとなります。もちろん回せばトーン・コントロールとして機能します。ジャックには耐久性の高いUSA・スイッチクラフト製を採用しています。さらにターボ・J・ベース・2では、ボリュームとトーンに、フルテン時に回路をバイパスして音抜けを改善させるフルアップ・ポットを採用しています。

ターボがオフの時は全くのノーマル(普通のジャズ・ベースと同じ)です。この状態で従来通りのシングル・コイル・サウンドを出すことができます。トーン・ノブを上に引いてターボをオンにすると、2つのピックアップがシリーズ(直列)で接続され、1つのハムバッキング・ピックアップとして機能します。この “シリーズ”がミソで、パラレルでミックスした場合(通常のフル・ボリューム)と違い、サウンドは確実に太くパワフルに変化します。ジャズ・ベースのピックアップは普通それぞれ逆磁極なので、ノイズ・キャンセル効果も得られます。
ターボ・オン時のボリューム・コントロールは手前側(ピックアップに近い方)のボリュームで行います。2番目のボリュームはこの時は機能しません。トーン・コントロールはターボのオン・オフに関係なく使用できます(上図参照)。

取扱上の注意

  • ターボ・J・ベースの取り付けはある程度のハンダ付けの技術があれば比較的簡単ですが、自信のない方は販売店にご相談下さい。
  • 取り付けるベースにより取付穴の寸法が異なりますので、USA系のジャズ・ベースの場合はボリュームにCTS社製ポットを使用したUSAバージョン(インチ・サイズ)、ジャパン系のジャズ・ベースの場合は日本製ポットの国産バージョン(メートル・サイズ)をお買い求め下さい。
TURBO J-BASS 取付説明書
USA TJ-101 ¥8,000+消費税 PDF
DOMESTIC TJ-102 ¥6,000+消費税 PDF
TURBO J-BASS 2 取付説明書
USA TJ-201 ¥9,000+消費税 PDF
DOMESTIC TJ-202 ¥9,000+消費税 PDF

上へ戻る

TURBO SWITCH TC ターボ・スイッチ・TC
TURBO SWITCH TC 2 ターボ・スイッチ・TC・2

  • ターボ・スイッチTC
  • ターボ・スイッチTC
  • ターボ・スイッチTC 2
  • ターボ・スイッチTC 2

“ターボ・スイッチ・TC”は、ノーマル・テレキャスターの外見はまったく変えず、しかもオリジナルのサウンドを損なわないまま、ここ一番という時に図太 いパワーを得られるギターに変身させるオリジナル・サーキットです。テレキャスターに搭載されている2つのシングルコイル・ピックアップをシリーズ(直 列)接続してパワーを引き出します。プリアンプではありませんので電池は不要です。取り付けることにより、トーン・ノブはプッシュ・プル式のスイッチとな り、右図のように押してある時はノーマル状態、引いた時にターボ・オンとなります。もちろん回せばトーン・コントロールとして機能します。PUセレク ター・スイッチには耐久性の高いアメリカCRL社製を採用、またトーン回路にはオイル・コンデンサを使用して心地よいトーンの効きを実現しています。さら にターボ・スイッチ・TC2では、ボリュームとトーンに、フルテン時に回路をバイパスして音抜けを改善させるフルアップ・ポットを採用しています。

ターボがオフの時はノーマルのテレキャスターです。この状態でフロント/ミックス/リアのシングル・コイル・サウンドを出すことができます。トーン・ノブ を上に引いてターボをオンにすると、2つのピックアップがシリーズ(直列)で接続され、PUセレクター・スイッチのポジションに関係なくパワー・サウンド が出ます。この“シリーズ接続”がミソで、パラレルでミックスした場合(通常のセンター・ポジション)と違い、サウンドは確実に太くパワフルに変化しま す。フロントとリアのピックアップがそれぞれ逆磁極の場合は、ノイズ・キャンセル効果も得られます。トーン・コントロールはターボのオン/オフに関係なく 使用できます(上図参照)。

取扱上の注意

  • ターボ・スイッチ・TCの取り付けはある程度のハンダ付けの技術があれば比較的簡単ですが、自信のない方はご相談下さい。
  • 取り付けるギターにより取付穴の寸法が異なりますので、USA系のテレキャスターの場合はUSAバージョンTT-101、TT-201(3/8インチ・サイズ)、ジャパン系のテレキャスターの場合は国産バージョンTT-102、TT-202(8㎜サイズ)をお求め下さい。
TURBO SWITCH TC 取付説明書
USA TT-101 ¥9,000+消費税 PDF
DOMESTIC TT-102 ¥8,000+消費税 PDF
TURBO SWITCH TC 2 取付説明書
USA TT-201 ¥10,000+消費税 PDF
DOMESTIC TT-202 ¥10,000+消費税 PDF

上へ戻る

Bonheur ボヌール

Bouheur

  • ボヌール

Sonicオリジナル・ベース・プリアンプ『Bonheur(ボヌール)』は完全ハンドメイド・プリアンプです。コンパクト化のためにチップ抵抗などを使う安易な方法を採らず、音響用抵抗や高品位コンデンサを採用しつつ、一般的なジャズ・ベースのコントロール・キャビティに収まるサイズに仕上げました。回路の心臓部には近年進化の目覚ましい低消費電力オペアンプICを厳選し、音質性能を犠牲にせず、十分なバッテリー寿命を実現しています。さらに配線用ケーブルにもこだわり、定評のあるBELDEN 8504を採用しました。

また、シールド・ケーブルの容量成分をシミュレートするヴァーチャル・パッシヴ・サーキットも選択可能ですので、従来のアクティブ・サーキットが持つ無機質なプレゼンスが苦手だと言うユーザーにも使いやすいパッシブ・ニュアンスを提供することが可能です。

開発コンセプト

開発のきっかけは、多くのベーシストが既存のアクティブ・サーキットに不満を感じながらも、選択肢の少なさから諦めていた問題点を改善できないかということでした。

①低音が回らないプリアンプが欲しい!

比較的小さなライブ・ハウスでは、アクティブ・ベースの低音が異常に回ってしまっていることが少なくないと思います。既存のプリアンプではBassコントロールのセンター周波数が30~40Hzくらいに設定されているものが多いので、ベーシストが自分のアンプからの出音を聞いて音作りをすると、客席側にはPAから不要な超低域の音圧が出てしまうことがあるのです。Bonheurでは、もっと人間の耳の感覚に合致した周波数設定が必要だと考え、今までにないユニークな周波数設定のプリアンプにしました。また必要に応じて、製作時に周波数や帯域の設定をアレンジすることも可能です。

②『音が硬い』という先入観を変えたい!

‘90年代を中心に流行したアクティブ・サーキットのサウンドは、高域が無機質すぎると思います。もちろんそういう音が必要な人にはそれで良いのですが、音作りの幅を広げるためにイコライザーをベースに内蔵したいという人のニーズには合致しません。「アクティブの音は硬い」という先入観をベーシストが持ってしまっているのは非常に残念なことです。その“硬さ”は実は副作用的なものなのです。Bonheurでは、ヴァーチャル・パッシヴ・サーキットによってその“アクティブ臭さ”を取り除くことを可能にしました。

③不要な高音域の歪みをなくしたい!

ベースに内蔵するプリアンプである以上、バッテリーの寿命は重要な問題です。しかしそのために音質的な性能が犠牲にされてしまっては意味がありません。消費電流を抑えたオペアンプICは、再生可能な音域が狭くなりがちな傾向があります。特に高音域ではそれが顕著で、トレブルをブーストした時にスラップのプルのアタックに耐えられず、自らの出力で歪んでしまう現象に困っているベーシストは多いのではないでしょうか。Bonheurではこの問題を解決するため、オペアンプICメーカーのデータ・シートを精査し、これに基づく試作を繰り返してICを選別しました。その結果ブラインド・テストでも明らかにわかるほどの改善に成功しました。

④愛着を持てるサーキットにしたい!

パッシブ・ベースにおいてはオイル・コンデンサやヴィンテージ配線材など、電気系にも愛着を抱けるような部品が使えるのに対して、アクティブ・サーキットはそれ自体が精密なブラック・ボックスであるがゆえに、こういったものを諦めなくてはいけない虚しさがあると感じていました。回路のコンパクト化のためには現在では超小型チップ部品を使うのが一般的ですが、Bonheurでは、従来の市販プリアンプと同等のサイズに音響用部品や高品位部品を収めるために、2枚のプリント基板の間にパーツを挟み込む形で配線する“BIRDCAGE®”配線を採用しました。ひとつひとつのパーツにこだわる方にも、誇りを持ってご愛用頂けるプリアンプです。

回路設計のポイント

ベース用プリアンプがオーディオ用イコライザーと決定的に違う点は、入力にピックアップがつながっていることです。ピックアップにはコイルが巻かれているので、これがアンテナになって電磁ノイズが入ってくるのです。回路の異常動作を避けるためには、これに対するしっかりした対策が欠かせません。また実際に試作してみると、各コントロールにつながる線からも電磁ノイズが入ってくることがわかりました。これはPC上で回路図を描いて設計している段階では気付かなかった落とし穴です。

回路を安定動作させるためには、可聴域外の不必要な高域信号をできるだけ中に入れない、あるいはその周波数帯をアンプで増幅しない工夫が必要になってきます。しかしこれをあまり極端にやり過ぎると素の音色にも影響が出てきます。実は弊社のある川口市という場所は、文化放送(AMラジオ)の100kw出力アンテナがすぐ近くにあるという超強電界地域です。高周波ノイズに弱い回路は、文化放送専用ラジオになってしまうのです。この場所で回路を設計することに意味があったと言えます。

イコライジングのパラメータの決め方には、臨機応変な設計哲学が不可欠です。いろいろな考え方がある中で、基本になるのはあくまでも「汎用性」に重きを置いたものです。そのため3バンド・イコライザーの場合、3つのバンド全てに十分な帯域幅を持たせてあります。フラットな状態からどれか1つのコントロールを上下した時に、比較的広い周波数帯が変化するので、簡単に体感していただけると思います。これは楽器がもともと持っている音の特徴をイコライザーでスポイルしないために重要なことです。3バンド全てをブーストした時には、音色を大きく変えずに音量を持ち上げられるので、単純にゲインが欲しい場合にも気持ちよく使えます。

プリアンプでは、ブーストした時の音色ばかりを気にしてしまいがちですが、カットも可能であることも忘れてはいけません。特にミドルに関しては、ドンシャリなスラップ・サウンドを作る時に、カットする方向にも優秀なものでなくてはいけません。ブーストしたトレブルの中にある、数千Hzあたりまでの耳障りな成分をミドル・コントロールによって少しカットして、より高い「サリサリ」とした部分だけを残すようにしました。そのためにもミドルはやや高めの750Hzにセンターを持ってきてあります。これによって上品で切れ味の良いスラップも可能になりました。ブーストして美味しい周波数でありながら、カットして効果的な帯域幅という二つの意味を持たせました。

一方で2ミッドバージョンは、設計段階での音作りを試みました。変化すべき周波数帯を具体的に絞ってありますので、大まかにブーストするだけで、まるでピアノの低音鍵のような「ガーン」と前に出る現代的サウンドを作り出すことが可能です。アクティブ・ベースと聞いた時に想像する上品さとは対極にあるような生々しいサウンドを狙いました。

パーツへのこだわり

抵抗器にはタクマン・オーディオ用炭素皮膜抵抗REXシリーズ(メーカーが決めた愛称『THE PINK』)を使用しています。原音に忠実であることが求められるピュア・オーディオの世界での評価が高い部品のひとつで、本製品の高音質の一翼を担っています。 超小型のチップ抵抗を使わずに、この部品を贅沢に使えることがBIRDCAGE®配線パターンのメリットであり、考案した根拠でもあります。

また小型化のために、コンデンサには積層セラミックを使用しています。一般に積層セラミック・コンデンサには「温度によって性質が変化する」、「直流電圧をかけると性質が変化する」などの弱点がありますが、村田製作所の高品位機種[参考資料(PDF)]を使うことでこれらをクリアしています。これら上位品種の性能向上は近年めざましく、今後はオーディオを含む様々な分野で他のタイプのコンデンサに取って代わっていくものと思われます。

一方、信号が通る経路にあたる部分には特に音質に配慮し、多少サイズが大きくなるのを覚悟の上で、入力には音響用フィルム・コンデンサ、出力には音像の明瞭さが魅力的なタンタル・コンデンサを採用しています。

BIRDCAGE®は開発者 新谷勇介の登録商標です。

ラインナップ

前述のように設計上の自由度が非常に高いBonheurですが、現在のところ以下のラインナップを用意しております。

BH-3

トレブル、ミドル、ベースの3バンド・イコライザー。従来のプリアンプを使用されているベーシストの方にも違和感なくお使い頂けると思います。しかし各バンドのセンター周波数のセッティングが絶妙ですので、使用した時の気持ちよさはぜんぜん別モノです。

BH-2M

ハイ・ミッド、ロー・ミッドのデュアル・ミドル2バンド・イコライザーです。今までにはなかった独特のバンド構成のプリアンプです。しかし多くのベーシストが求めていたものでもあります。ベース用プリアンプの新しい可能性を示しています。

Bonheur 取扱説明書
3-Band Bass Preamp BH-3 ¥30,000+消費税 PDF
2-Middle Band Bass Preamp BH-2M ¥30,000+消費税 PDF

上へ戻る

© Copyright 1997- LUMTRIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.