TOP > プロダクト > Sonicオリジナル・パーツ > ピックアップ

  • SONIC WEB SHOP

ピックアップ

JUPITER Series ジュピター・シリーズ

JUPITER Series

以前Sonicのギター&ベース用のハイ・グレード・ピックアップとして、John Suhrがワインディングを担当していたXotic Pickupsを採用していましたが、これが生産中止となってしまったため、これに代わるものとして開発されたのがJUPITER Pickupsです。

スペックの決定などについては国内でも有数のピックアップ・ビルダーKARIYA PICKUPSの刈谷氏の協力を得て、現在は社内でハンド・ワインディングによって製作されています。

基本はヴィンテージ・スタイルですが、ポールピースのアレンジや、コイルのターン数、ノイズへの対策など、ヴィンテージのスペックにはこだわらない、Sonicのギターやベースのサーキットとのバランスを考えた仕様になっています。

For STR model

LST

<LST-01>

コイルのターン数はネック8,300、ミドル8,500、ブリッジ9,300と、ポジションごとに変えつつ、ヴィンテージ・ピックアップよりはやや多めにしてあります。また現代の弦のゲージ配分を基にスタガード・ポールピースの高さを見直し、弦ごとの音量バランスを整えました。ミドルはRWRP(逆巻き・逆磁極)になっていますので、ハーフ・トーン・ポジションではハム・キャンセル効果があります。Bump of Chicken藤原氏のSonic STRには現在このモデルが搭載されています。

<LST-02>

よりクリアなサウンドがお好みの方のために、LST-01のターン数のみを少なめにしたモデルです。ネック8,000,ミドル8,200、ブリッジ8,800turnとなっています。他のスペックはLST-01と同じです。

»»» LSTラインナップを見る »»»

For TEL model

LTL

<LTL-01>

TELモデルにはトレブリーなサウンドのイメージがありますが、それを若干抑えつつ、気持ちのいいシングルコイル・サウンドが出せる絶妙なコイルのターン数をセレクトしました。ネック8,000(43ゲージ)、ブリッジ9,200(42ゲージ)です。それぞれRWRP(逆巻き・逆磁極)になっていますので、ミックス・ポジションではハム・キャンセル効果があります。最大限のハウリング対策も施してあります。

»»» LTLラインナップを見る »»»

For SLP-S model

LP90

<LP90-01>

限定モデルであるSLP-Sには当初Montreux社のP-90タイプを搭載していましたが、社内でP-90タイプの製作が可能になったので、2105年モデルからJupiterに変更しました。手元にあった1960年製Gibson Les Paul JuniorのP-90のサウンドを元に、2008年製SLP-Sを所有する友人のギタリストの協力を得てスペックを決定しました。オリジナルP-90はイメージよりもかなりパワフルだったので、ALNICO-5マグネットに10,000ターンのコイルという組み合わせとしました。オリジナルP-90のゴリゴリ感に、若干の煌めきが加わった感じになっています。Bump of Chicken藤原氏のブルーサンバーストにリフィニッシュされたTokai製SEB(レス・ポール・スペシャル・タイプ)には、現在このピックアップが搭載されています。

»»» LP90ラインナップを見る »»»

For JB model

LJB

<LJB-01>

ベースのサウンドがバンド内で埋もれないためには、適度なパワーとメリハリのあるハイミッドが重要です。基本である低音をしっかり出しながら、おいしいハイミッドとなるよう、ターン数をネック9,200、ブリッジ9,800に設定しました。もちろん相互にRWRP(逆巻き・逆磁極)になっています。Bump of Chicken直井氏のSonic JB2号機と5号機には現在このモデルが搭載されています。

<LJB-02>

ベース用のエフェクトなどを使用する方のために、若干パワーを抑えたモデルです。ターン数はネック8,800、ブリッジ9,400です。他のスペックはLJB-01と同じです。

»»» LJBラインナップを見る »»»

For PB model

LPB

<LPB-01>

PBはサウンドがブーミーになりがちという弱点があります。これはPBの特徴でもありますが、この線の太さを活かしつつ、もっと前へ出るサウンドに仕上げました。コイルのターン数は各10,000です。Bump of Chicken直井氏のSonic PB(6号機)には現在このモデルが搭載されています。

»»» LPBラインナップを見る »»»

ラインナップ

For STR model
LST-01 Each ¥18,000+消費税
LST-01 Set ¥54,000+消費税
LST-02 Each ¥18,000+消費税
LST-02 Set ¥54,000+消費税
For TEL model
LTL-01 Each ¥24,000+消費税
LTL-01 Set ¥48,000+消費税
For SLP-S model
LP90-01 Each ¥25,000+消費税
LP90-01 Set ¥50,000+消費税
For JB model
LJB-01 Each ¥19,000+消費税
LJB-01 Set ¥38,000+消費税
LJB-02 Each ¥19,000+消費税
LJB-02 Set ¥38,000+消費税
For PB model
LPB-01 ¥30,000+消費税

上へ戻る

Legend Series レジェンド・シリーズ

Legend Series

構想20年!ついに姿を現したSonicからのHand Wound Pickups。ヴィンテージ・ピックアップへのリスペクトを込めて、代表竹田豊が1個ずつハンド・ワインディングで製作しています。

厳選した素材を用いて、ボビンの組み立て、ワインディング、着磁、ポッティングの全工程を社内でおこなっています。

ST'70s

ST'70s

グレイ・ボトム、エナメル・ワイヤーの'69年製ストラトキャスターのピックアップをイメージしています。繊細なニュアンスを表現するのを得意としていますが、エッジの効いたディストーション・サウンドもアトラクティヴです。

オリジナルにはないスペックですが、ミックス時のノイズ低減のため、ミドル・ピックアップを逆巻き逆磁極にしてあります。出力信号の位相はこの時期のオリジナルと同じ、ギブソンのハムバッカーなどと逆位相です。各ポジションのターン数は同一ですが、配線作業のしやすさを考えて出力線の長さをポジションごとに変えてあります。

»»» STラインナップを見る »»»

ST'60s

ST'60s

多くの人が'60年代のストラトに求めるサウンドは、ローズウッド指板とのコラボレーションによるウォームなイメージです。これを実現するために、“当たり”とされるコイルのターン数が多めのものをリプロダクションしました。

オリジナルにはないスペックですが、ミックス時のノイズ低減のため、ミドル・ピックアップを逆巻き逆磁極にしてあります。出力信号の位相はこの時期のオリジナルと同じ、ギブソンのハムバッカーなどと逆位相です。各ポジションのターン数は同一ですが、配線作業のしやすさを考えて出力線の長さをポジションごとに変えてあります。

»»» STラインナップを見る »»»

ST'50s

ST'50s

'50年代のストラトと言うと、アッシュ・ボディ、メイプル・ワンピース・ネックを持ち、ややブライトな印象を与えます。これにマッチさせるため、コイルのターン数を若干抑えて、スパークル感のあるサウンドをプロデュースしました。

このモデルではあえてノイズ低減は考えず、すべてのポジションが同磁極のマグネットになっています。出力信号の位相はこの時期のオリジナルと同じ、ギブソンのハムバッカーなどと同位相です。各ポジションのターン数は同一ですが、配線作業のしやすさを考えて出力線の長さをポジションごとに変えてあります。

»»» STラインナップを見る »»»

TL'59

TL'59

'50年代までのテレキャスターのピックアップは意外にパワフルであることが知られていますが、その後期型と言えるものをリプロダクションしました。その後のテレキャスターほどキンキンした感じがないので、むしろ使いやすいピックアップになっています。

オリジナルにはないスペックですが、ミックス時のノイズ低減のため、ブリッジ側を逆巻き逆磁極にしてあります。出力信号の位相はこの時期のオリジナルと同じ、ギブソンのハムバッカーなどと同位相です。

»»» TLラインナップを見る »»»

BR'50

BR'50

初期のブロードキャスターのブリッジ・ピックアップが、テレキャスター・ファミリーの中でもっともパワフルなシングルコイルであることをご存知でしょうか。これを基に、パワー・バランスを考えたネック・ピックアップと組み合わせました。テレキャスター・ニュアンスの中にむしろ新鮮さがあります。

マグネットはオリジナル通り両方とも同磁極になっています。出力信号の位相はこの時期のオリジナルと同じ、ギブソンのハムバッカーなどと同位相です。

»»» TLラインナップを見る »»»

HB-A2

HB-A2

ヴィンテージ・ハムバッカーの良さは、ハムバッカー・サウンドの中にシングルコイルのニュアンスを残していることにあります。HB-A2では磁力が弱めのアルニコ2を使用し、コイルのターン数を吟味することで、絶妙なシングルコイル感を出しています。線が細いわけではなく、ふくよかさの中にはっきりとした粒立ちがあるという感じに仕上げました。

ネック・ポジション用”N”モデルを基本に、ブリッジ・ポジションに使用するために若干ターン数を増やした”B”モデル、さらにパワー感が欲しい方のための”Hot B”モデルの3タイプを用意しています。ポールピースのピッチは全モデル共通ですので、どちらのポジションにでも使用できます。出力線は単芯シールド線、信号の位相はギブソンのハムバッカーなどと同位相です。

»»» HBラインナップを見る »»»

JB'62

JB'62

初期のジャズ・ベースのピックアップは、後のものに比べてややパワーはあります。ジャズ・ベースらしい低音と高音のバランスはこの時期のものの特徴でしょう。ゴリッとしたアタック感を出せるようにスペックを決めました。

ブラック・ボビン、アルニコ5・マグネット、シングル・プレイン・エナメル・ワイヤーを使用しています。

オリジナルと同様にネックとブリッジで相互に逆巻き逆磁極にしてありますので、ミックス時にはノイズ・キャンセルが働きます。

Bump of Chicken直井氏の7号機Sonic TJBにはこのモデルが搭載されています。

»»» JBラインナップを見る »»»

JB'66

JB'66

'64年から'73年頃のジャズ・ベースのピックアップには、それまでのプレイン・エナメル・ワイヤーのものと平行して、ストラトのピックアップに使用されていたフォームヴァー・ワイヤーのものが存在します。これはこの時期のジャズ・ベースを特徴付けるスペックと言えます。コイルのターン数は初期のものよりやや少なめになっています。

ベース用のシングルコイルはこうあるべきという、クリアなトーンをクリエイトします。

グレイ・ボビン、アルニコ5・マグネット、ヘヴィ・フォームヴァー・ワイヤーを使用しています。

オリジナルと同様にネックとブリッジで相互に逆巻き逆磁極にしてありますので、ミックス時にはノイズ・キャンセルが働きます。

»»» JBラインナップを見る »»»

PB'60s

PB'60

'60年代前半までのプレシジョン・ベースのピックアップは、それ以降のものに比べてややパワーがあります。プレシジョン・ベースらしいうねるような低音はこの時期のものの特徴でしょう。そんな中でも音の粒立ちにメリハリを出せるようにスペックを決めました。

ブラック・ボビン、アルニコ5・マグネット、シングル・プレイン・エナメル・ワイヤーを使用しています。

»»» PBラインナップを見る »»»

PB'70s

PB'70

'64年から'73年頃のプレシジョン・ベースのピックアップは、それまでのプレイン・エナメル・ワイヤーのものと平行して、ストラトのピックアップに使用されていたフォームヴァー・ワイヤーのものが存在します。これはこの時期のプレシジョン・ベースを特徴付けるスペックと言えます。コイルのターン数は'60年代前半までのものよりやや少なめになっています。

中低域メインのプレシジョン・ベースとしては、微妙なピッキング・ニュアンスを出しやすいクリアなトーンを持っています。

グレイ・ボビン、アルニコ5・マグネット、へヴィ・フォームヴァー・ワイヤーを使用しています。

»»» PBラインナップを見る »»»

上へ戻る

サウンドサンプル

プロ・ギタリスト 末原 康志 氏 によるサウンド・サンプルです。

ST '60s Set
wavファイル
Clean : Neck → Neck+Middle → Middle → Middle+Bridge → Bridge、Crunch : Neck → Neck+Middle → Middle → Middle+Bridge → Bridge、Drive : Neck → Middle → Bridge
Broadcaster '50 Set
wavファイル
Clean : Neck → Neck+Bridge → Bridge、Crunch : Neck → Neck+Bridge → Bridge、Drive : Neck → Bridge
HB Vintage A2 Set
wavファイル
Clean : Neck → Neck+Bridge → Bridge、Crunch : Neck → Neck+Bridge → Bridge、Drive : Neck → Bridge

上へ戻る

ラインナップ

ST Style Pickups
Vintage ST'50s Set w/Cover,Screws ¥60,000+消費税
Vintage ST'50s Neck w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage ST'50s Middle w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage ST'50s Bridge w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage ST'60s Set w/Cover,Screws ¥60,000+消費税
Vintage ST'60s Neck w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage ST'60s Middle w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage ST'60s Bridge w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage ST'70s Set w/Cover,Screws ¥60,000+消費税
Vintage ST'70s Neck w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage ST'70s Middle w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage ST'70s Bridge w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
TL Style Pickups
Broadcaster '50 Set w/Screws ¥50,000+消費税
Broadcaster '50 Neck w/Screws ¥25,000+消費税
Broadcaster '50 Bridge w/Screws ¥25,000+消費税
Vintage TL'59 Set w/Screws ¥50,000+消費税
Vintage TL'59 Neck w/Screws ¥25,000+消費税
Vintage TL'59 Bridge w/Screws ¥25,000+消費税
Humbucking Pickups
Vintage HB A2 Set Black/Zebra/Cream ¥80,000+消費税
Vintage HB A2 Neck Black/Zebra/Cream ¥40,000+消費税
Vintage HB A2 Bridge Black/Zebra/Cream ¥40,000+消費税
Vintage HB Hot A2 Set Black/Zebra/Cream ¥80,000+消費税
Vintage HB Hot A2 Bridge Black/Zebra/Cream ¥40,000+消費税
Vintage HB A4 Set Black/Zebra/Cream ¥80,000+消費税
Vintage HB A4 Neck Black/Zebra/Cream ¥40,000+消費税
Vintage HB A4 Bridge Black/Zebra/Cream ¥40,000+消費税
Vintage HB Hot A4 Set Black/Zebra/Cream ¥80,000+消費税
Vintage HB Hot A4 Bridge Black/Zebra/Cream ¥40,000+消費税
JB & PB Style Pickups
Vintage JB '62 Set w/Cover,Screws ¥40,000+消費税
Vintage JB '62 Neck w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage JB '62 Bridge w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage JB '66 Set w/Cover,Screws ¥40,000+消費税
Vintage JB '66 Neck w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage JB '66 Bridge w/Cover,Screws ¥20,000+消費税
Vintage PB '60s w/Cover,Screws ¥40,000+消費税
Vintage PB '70s w/Cover,Screws ¥40,000+消費税

上へ戻る

© Copyright 1997- LUMTRIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.