TOP > Sonicの考える良いギターとは? > Vol.10 ポット

  • SONIC WEB SHOP

Vol.10 ポット

印刷用ページを開く

Sonicのオリジナル・パーツにフルアップ・ボリュームとフルアップ・トーンという商品があります。ボリュームやトーンをフルにしておくとそれらがバイパスされて、エッジの効いた倍音が得られます。

写真1

ギターやベースの音色が柔らかすぎる場合にとても有効なリプレイスメント・パーツです。

参考:フルアップ・ボリューム・ポット/フルアップ・トーン・ポット

ポットの取り付け穴とポットの軸の直径はできるだけ合わせるべきだと考えています。ギターによく使われる規格には7ミリ、8ミリ、3/8インチ(およそ9.5ミリ)があります。これらの隙間を埋めることができるポット・アダプター・リングというパーツも取り揃えています。

写真2

これらを使うことで美しく一直線にポットを並べることができますし、ズレやゆるみなどのトラブルも避けられます。

参考:ポット・アダプター・リング

金属製ノブを装着して使用する場合、ノブを回すとバリバリとノイズが出ることがあります。弦などのア-ス電位を触っているときにもノイズが出る場合、これはポット内部の劣化に由来するものではありません。ノブを回す際に、ポットの軸と軸受けの間で電気的な接触と絶縁が繰り返されることで、人体という大きな導電体がアースとつながったり離れたりします。そのたびにアース電位が大きく変動することでノイズが発生しています。

写真3

Sonicはここにも気を配っています。軸と軸受けの間に導電性グリスを塗って、常に導通を確保することによりノイズを可能な限り軽減しています。また一部パーツであまりにもこの種のノイズがひどい場合には、金属製ノブと金属製ナットとの間にスプリング状のワッシャーを入れています。

参考:ポット・メイト

上へ戻る

© Copyright 1997- LUMTRIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.