TOP > Sonicの考える良いギターとは? > Vol.3 フレット

  • SONIC WEB SHOP

Vol.3 フレット

印刷用ページを開く

写真1

ギターやベースの指板は平らではありません。R(丸み)が付けられています。世の中に存在するほとんどのギターは「取りあえずフレットの両端が浮いていなければ目立たない」という理由で、指板のRよりフレットのRをかなりきつめに曲げて打たれています。

フレットにはスタッドという突起が付いていて指板材に食い込みますので、最初はしっかり打ち込まれているように見えます。ですが、フレットがバネのように力を蓄えているので、指板材が経年変化してくると、フレットが浮いてくる原因になります。

写真2

Sonicのフレットは指板のRになるべく合わせて押し込んであるので、こういったトラブルがほとんどありません

写真3

フレットは演奏中に良く手に触れる部分ですから、特にフレットサイドの仕上げはとても大切です。

引っかかる感触を少なくするために、フレットの角を大きく斜めに削り落としてしまう加工が今でも低価格帯の楽器に見られますが、その方法では演奏に使えるフレットの幅が狭くなってしまいます。

フレットの端を一端、やや立てた状態に削り落としておいて、その角を手作業で1本ずつ丁寧に丸めます。この方法ですとさわり心地もとても良くフレットを端から端まで幅広く演奏に使えます。

上へ戻る

© Copyright 1997- LUMTRIC Co.,Ltd. All Rights Reserved.